文字サイズ

連盟概要

会長挨拶

東京都高等学校体育連盟会長 奥秋 將史

東京都高等学校体育連盟会長 奥秋 將史

本連盟は、東京都内高等学校における体育・スポーツ活動の振興と高等学校生徒の健全な育成を図ることを目的として、昭和23年に創設されました。42専門部及び研究部からなり、加盟校数が400校を超える大組織です。平成30年10月には創立70周年行事を恙なく終えることができましたことは皆様のご理解とご協力に深く感謝申し上げます。令和2年度がスタートして次の80年周年に向けて歩み出しました。

新型コロナウイルス感染拡大による影響により、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催は翌年へ延期され、全国高等学校総合体育大会は過去に一度もない大会中止となってしまいました。平成の時代には、日本は未曽有の災害に多く見舞われましたが、新たな時代の幕開けにも新たなる感染症により世界中が緊急事態となりました。

令和2年度当初より、本連盟の主催事業もことごとく滞り未だに実施することができず、地区大会や関東大会も次々と中止が決定されました。日本中の高校生がスポーツを通じて見せてくれる爽やかさ、鮮やかさ、直向きな努力を重ね一心に発揮するパフォーマンスの舞台が奪われています。高校生スポーツの力は社会に夢や希望を与えてくれるだけではなく、その重い気持ちを払拭してくれたことが幾度もありました。また、昨今の働き方改革の一環としてもスポーツ庁は「部活動の総合的なガイドドライン」、「部活動指導員の導入」などによる部活動の在り方についても国が動き出しています。そして「体罰根絶」が進まない現状が多々ある中で、高体連としての危機管理体制の整備として、新たな感染症対策も急務となっています。今年度の本連盟が果たす役割には危機管理の徹底が重責として課せられています。さらには高校時代を学習とともに部活動に汗した多くの先輩たちの存在もあり、部活動で培った様々な力や精神は、その後の人生にも大きく影響を及ぼしています。

本連盟は、今後もその活動、運営、実績等これまで築き上げたものを継続し、発展させていかねばなりません。その責務を厚く受け止めるとともに、皆様方のより一層のご理解、ご支援、をお願いするところでもあります。

今後とも、各加盟校をはじめ、各専門部、東京都教育委員会など多くの皆様のご理解とご協力を賜りながら、体育・スポーツ活動の充実・発展と健全育成に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

ページトップへ
メール

お問合せ

アクセスマーク

アクセス

アットマーク

メール登録
関係者向け