ホーム > 連盟の概要 > 会長挨拶

連盟の概要

会長挨拶

東京都高等学校体育連盟会長  久 保  淳


 今年度、大田原弘幸先生より会長職を引き継ぎました久保淳(くぼあつし)と申します。よろしくお願いいたします。

 本連盟は、東京都内高等学校における体育・スポーツ活動の振興と高等学校生徒の健全な育成を図ることを目的として、昭和23年に創設されました。42専門部及び研究部からなり、加盟校数が400校を超える大組織です。

 また、これまで数多くのオリンピック選手、著名なアスリート達も通ってきた「登竜門」でもあります。日本のスポーツ界を支えている大組織でもあります。さらには高校時代を学習とともに部活動に汗した多くの先輩たちの存在もあり、部活動で培った様々な力や精神は、その後の人生にも大きく影響を及ぼしています。

 このように考えると本連盟の果たす役割は、とてつもなく大きく、今後もその活動、運営、実績等これまで築き上げたものを継続し、発展させていかねばなりません。その重責を厚く受け止めるとともに、皆様方のより一層のご理解、ご支援、をお願いするところでもあります。

 昨年の夏にリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催されました。オリンピックには8名の高校生アスリートが参加していたことを皆さんはご存じだったでしょうか。卓球での伊藤美誠選手は、団体戦において大活躍をし、堂々の銅メダルを日本チームにもたらしてくれました。また水泳での池江璃花子選手は、複数種目の出場での活躍などめざましいものがありました。高校生のパワーの素晴らしさに多くの人が感動を新たにしました。

 そして、いよいよ東京オリンピック・パラリンピックがやってきます。3年後の夏を想像するとワクワクした気持ちでいっぱいになります。現在高校生の皆さんも大いに胸を弾ませていることと思われます。ぜひ皆さん、3年後のオリンピック出場を目指し、より高いレベルで切磋琢磨するとともに、自分の将来の夢の実現へと繋げてもらいたいと思っています。

 最後に、学校の運動部活動における課題の一つとして体罰問題があります。残念ながら、東京都でも体罰事案が発生するなど、課題は未だ解決していません。本連盟としては各専門部と協力して体罰根絶に向けて努力しています。

 今後とも、各加盟校をはじめ、各専門部、東京都教育委員会など多くの皆様のご理解とご協力を賜りながら、体育・スポーツ活動の充実・発展と健全育成に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

大会の日程を知りたい

各種大会の開催日程については、大会情報をご覧下さい。

また各競技別問合せ(各専門部のホームページを含む)をご覧ださい

大会の結果を知りたい

過去の大会結果をご覧下さい。

また各競技別問合せ(各専門部のホームページを含む)をご覧ださい

大会に参加したい

転校から6ヶ月経過しないと参加できませんが、一家転住等の場合は特例があります。学校の顧問の先生にお問い合わせ下さい。

取材したい(報道機関の方へ)

Q &A ページの競技種目の取材をしたいのですが?をご覧下さい

競技団体の連絡先を知りたい

各競技に関するお問い合わせは、各競技別問合せをご覧下さい